​大中恩 作曲家としてのあゆみ

大中 恩(おおなか めぐみ)プロフィール

日本の作曲家であり、土田藍(つちだ あい)という筆名で、作詩も手がけている。

いぬのおまわりさん、サッちゃんなど、現在も皆から愛され、歌い継がれるこどものうたや合唱曲、多数の歌曲を発表。

1924年(大正13年)7月24日、東京生まれ、男性。(2018年12月3日、94歳没)

1945年、東京音楽学校(現東京芸術大学)作曲科卒業。

1989年、紫綬褒章受章。

オフショット ギャラリー

​経歴

1942年 東京音楽学校(現東京芸術大学)作曲科入学。学徒出陣で海軍に召集された。

1943年 混声合唱曲「わたりどり」(詩:北原白秋)は、カルテットを組み活動していた

際に作曲。

1944年 歌曲「幌馬車」(詩:西條八十)は、戦地で果てる覚悟で書いた。

1945年 同校卒業。

この頃の歌曲集「五つの抒情歌」、就中「しぐれに寄する抒情」(詩:佐藤春夫)『ふるみち』(詩:三木露風)は畑中良輔が初演し、現在でも愛唱されている。

1955年 中田喜直、磯部俶、宇賀神光利、中田一次と「ろばの会」を結成。

以後こどものための音楽をライフワークとし、精力的な活動を続けた。

1957年 混声合唱団「P・Fコール」(1946〜1955)の活動を経て、「ゴールMeg」を結成。

全国で合唱界の名声を博す。1987年に解散。

 

1961年 第1回「歌曲の夕べ」を畑中良輔、岡部多喜子、中村浩子などの協力をえて開催。

以後、生涯にわたり「歌曲の会」を開催し精力的に作品を発表した。

 

1965年 第1回「おさの会」(阪田寛夫との協作、共催)にてミュージカル「世界が滅びる」、

音楽詩劇「イシキリ」を観世栄夫、市原悦子等の協力により発表。以後、回を重ね作品を発表した。

 

1968年 大中恩作曲による女声合唱団としてコールグレースを発足。生涯にわたって指導と

作品発表の演奏会を重ねた。

 

1997年 「爽やかコーラス」創設。

のち「メグめぐコール」として演奏会を生涯にわたって積み重ねた。

​受賞歴

文化庁芸術祭奨励賞受賞

1965年 秋山和慶指揮・日本合唱協会 混声合唱曲『煉瓦色の街』(詩:阪田寛夫)

1966年 『愛の風船』(詩:中村千栄子)

1968年 『走れ わが心』(詩:伊藤海彦)


文化庁芸術祭優秀賞受賞

1970年 混声合唱曲『島よ』(詩:伊藤海彦)
 

日本童謡大賞受賞

1982年  『いぬのおまわりさん』(作詞:佐藤義美)『サッちゃん』『おなかのへるうた』

(作詞:阪田寛夫)等を集大成した「現代こどものうた秀作選集・大中 恩 選集」

で受賞

2004年 童謡文化賞受賞

2006年 にっけん小野童謡文化賞受賞

​受章歴

1989年 4月 紫綬褒章受章

1995年 勲四等旭日小綬章受章

​コールMegについて

自作を主に演奏する、コールMeg(1957年 - 1987年)を育成。


1965年・1982年 三夜連続演奏会

1972年 九夜連続演奏会

1977年 日本縦断コンサート

 

その他、数々の地方演奏会、数多くのレコード録音など、アマチュア合唱団としてユニークな活動を行う。

そのOB・OGを中心とした、合唱団メグめぐコールも指導し、演奏活動を継続していた。

1962年、東京音楽学校在学中指導を受けた信時潔の『海道東征』再演の際は、コールMegを率いて参加、公演を助けた。

© 2019 - 2020 by OHNAKA MEGUMI Memorial Hall.