作曲家 大中 恩

100TH

​ANNIVERSARY

​大中 恩の作曲家人生

続きを読む

実行ボーイズ
作曲家 大中 恩(おおなか めぐみ)生い立ち

1924年(大正13年)7月24日、東京で生まれる。

父は「椰子の実」作曲者である大中寅二。詩人、作家の阪田寛夫は従弟である。

​少年時代

父親が教会のオルガニスト兼合唱指揮者であったことから、歌を愛好するようになった。

聖歌隊の女の子に惹かれたからだとも語っている。

実行ボーイズ
実行ボーイズ
​大学時代

1942年に東京音楽学校(現:東京芸術大学音楽学部)作曲科入学。

学徒出陣で海軍に召集された。

 

歌曲「幌馬車」(詩:西條八十)は、戦地で果てる覚悟で書いた。

​作曲家として

1955年 中田喜直、磯部俶、宇賀神光利、中田一次と「ろばの会」を結成。

以後こどものための音楽をライフワークとし、精力的な活動を続けた。

1957年 混声合唱団「P・Fコール」(1946〜1955)の活動を経て、「ゴールMeg」を結成。

全国で合唱界の名声を博す。1987年に解散。

 

1961年 第1回「歌曲の夕べ」を畑中良輔、岡部多喜子、中村浩子などの協力をえて開催。

以後、生涯にわたり「歌曲の会」を開催し精力的に作品を発表した。

 

1965年 第1回「おさの会」(阪田寛夫との協作、共催)にてミュージカル「世界が滅びる」、

音楽詩劇「イシキリ」を観世栄夫、市原悦子等の協力により発表。以後、回を重ね作品を発表した。

 

1968年 大中恩作曲による女声合唱団としてコールグレースを発足。生涯にわたって指導と

作品発表の演奏会を重ねた。

 

1997年 「爽やかコーラス」創設。

のち「メグめぐコール」として演奏会を生涯にわたって積み重ねた。

楽譜

​© 2024 Megumi Ohnaka 100th Anniversary Year Official.